健康診断受けず賞与15%カット!?

 あのコンビニのローソンが、健康診断を受けない社員に対して、賞与を15%減額する制度を導入するそうです。

しかも、連帯責任として、直属の上司も10%カットするとか。

 

 裏を返せば、そこまでしないと健康診断を受けない社員がいて、問題視しているということです。

健康診断は、労働安全衛生法という法律でも決められているものですから、不備があれば会社が罰を受けてしまいます。

又、万が一社員が倒れた場合、さらに最悪の事態として社員が亡くなった場合、健康診断を受けていなかったということになれば、安全配慮義務違反として会社の責任が問われる危険があります。

 

だから、この制度は、ローソン内の苦肉の策だということなのでしょう。

 

 賞与を減額というところがポイントです。お給料を減額してしまったら、大問題です。

給与は生活の糧、賞与は利益出たら一部分配というのが私の考え方です。

もし、私が社長だったらと考えると「健康診断を受けた人から、賞与を支給します。受けなかった場合は、支払いを留保します」と業務命令を発令するでしょうか。

もちろん、受けたくても受けられない時間的、物理的制約があるなら、調整は必要ですね。