幹部社員に不信感を抱く時

購読しているメルマガからの引用です。

 

社長が、自社の幹部社員に不信感を抱くのは、大きく分けて次の5つだとしています。

 

  1. 陰で社長を批判しているのが耳に入る
  2. 報告せず指示を勝手に変える
  3. 失敗を隠す
  4. 労働者意識を感じる
  5. 業績不振など、いざという時に逃げる

 

思い当たることや、似たような経験はありませんか?

 

実は、こういった類の話は珍しいことではなく、日頃よくお聞きする話です。 

経営者にしてみれば、幹部社員と言えば自分の右腕と同じです。

経営者の分身となり、同じ想い、同じ考えのもと、部下を導いていくものだと考えるのが自然です。

ですが、実際はそうではなく、自己保身に走ったり、表面的な理解(のふり)だったということが多いようです。

これがわかった時の経営者は、本当にガッカリします。中には、「裏切られた」と思う方もいるくらいです。

  

実は中小企業にとって、この幹部社員の問題というのは、本当に切実です。

社内で育成するのか、それとも外部から招へいするのか。いずれの道をとるにも、プラス面、マイナス面がありますので一概には言えません。

幹部に必要な資質として、よく観察力、指導力、折衝力等々が言われますが、それ以前にとても大切なことがあるのではないでしょうか?

 

それは、「本当に社長の想いに共感しているかどうか?」ということです。

 

共感とは、表面的な理解、単なるイエスマンではなく、社長の考えている事を具現化するための最善の方法を考えられるかどうかだと感じます。

時に、方法論が社長と食い違ったとしても、目指す所は同じという風にです。

 

一度、そういった視点で今いる幹部を見てみる。もしくは、今いる社員を見てみるのも良いのではないでしょうか。もしくは、外部から招へいするにしても、これは絶対に譲れないポイントだと感じます。