栄えようと思ったならば

<vol.4>

 

人間は栄えようと思ったならば

まず何よりも根に帰らなければいけない。

 

草木でも本当に健やかに繁茂させようと思ったならば

いたずらに枝葉を伸ばしては駄目で

幹を逞しくし、根を深く養わなければならない。

 

根に返ることが大事である。

 

~安岡正篤の言葉~

 

昭和時代の歴代首相、財界人の指南役として大きな影響力を持っていた安岡正篤の言葉です。

 

普段は土の中に隠れて見えない木の根っこ。

ただ見えないだけで、その役割は枝葉を含め、木全体を支える重要な役割を担っています。

大木であれば、大木であるほど、土の中深く、広く根っこが這って支えています。

立派な木を目指そうとすると、どうしても目に見える枝葉を伸ばそう増やそうと思いがちですが、そんな時こそ支える根っこを強くしたいものですね