平成24年度 脳・心臓疾患と精神障害の労災補償状況

厚生労働省は6月21日、平成24年度の「脳・心臓疾患と精神障害の労災補償状況」を取りまとめました。

以下ポイントのみ抜粋です

 

~「過労死」など、脳・心臓疾患に関する事案の労災補償状況~

 ①請求件数   842件(前年度比56件の減)  
 ②支給決定件数 338件(前年度比28件の増)  

 

 ③業種別トップ3

  ●請求件数   「道路貨物運送業」>「卸売業,小売業」>「建設業」

  ●支給決定件数 「運輸業,郵便業」>「卸売業,小売業」>「製造業」

 

  ●中分類では、請求件数、支給決定件数ともに「道路貨物運送業」が最多。


 ④職種別(中分類)では請求件数、支給決定件数ともに「自動車運転従事者」

  
 ⑤年齢別トップ3

  ●請求件数   「50歳代」>「60歳以上」>「40歳代」

  ●支給決定件数 「50歳代」>「40歳代」 >「30歳代」

 

 

~精神障害に関する事案の労災補償状況~

 ①請求件数  1,257件(前年度比 15件の減) 
 ②支給決定件数 475件(前年度比 150件の増)←過去最多 

 


 ③業種別トップ3

  ●請求件数   「製造業」>「医療,福祉」>「卸売業,小売業」

  ●支給決定件数 「製造業」>「卸売業,小売業」>「運輸業,郵便業」「医療,福祉」

 

  ●中分類では、請求件数、支給決定件数ともに「社会保険・社会福祉・介護事業」が最多。 

 

 ④職種別(中分類)では、請求件数、支給決定件数ともに「一般事務従事者」が最多。  

 ⑤年齢別トップ3

  ●請求件数は   「40歳代」>「30歳代」>「20~29歳」

  ●支給決定件数は 「30歳代」>「40~49歳」>「20~29歳」

 
 ⑥出来事別の支給決定件数トップ3

  1位「仕事内容・仕事量の(大きな)変化を生じさせる出来事があった」

  2位「(ひどい)嫌がらせ、いじめ、又は暴行を受けた」

  3位「悲惨な事故や災害の体験、目撃をした」

 

 ⑦増加件数トップ3

  1位「1か月に80時間以上の時間外労働を行った」

  2位「(重度の)病気やケガをした」

  3位「上司とのトラブルがあった」

  4位「セクシュアルハラスメントを受けた」

  5位「(ひどい)嫌がらせ、いじめ、又は暴行を受けた」

 

脳、心臓疾患に関して言えば、長時間拘束される中年ドライバー 、精神疾患に関して言えば、20代から40代という働き盛りの年代を中心に、長時間労働やハラスメントを含む人間関係に起因して精神疾患を患っているのがわかります。

 

このデータは、あくまでも労災保険に関するデータです。先に発表された、個別労働紛争解決制度施行状況、男女雇用機会均等法施行状況とは別物です。

さらには、昨今の労働判例も合わせれば、共通ワードがあります。

長時間労働、いじめ、嫌がらせ、パワハラ、セクハラ

現在の労務問題は、これらに尽きるといえますね。

 


 詳しいデータはこちらからどうぞ

   http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000034xn0.html