違反率68% 除染作業事業者への調査結果

7月24日  福島労働局発表

 

東京電力福島第1原発事故の除染作業にあたっている388業者に対する調査結果

 

●264事業者で割増賃金の未払いや労使協定の未締結などの法令違反があった。

●違反率は68%

●違反の総件数は684件

●労働基準法や労働安全衛生法に基づき是正指導を行ったとのこと。

 

●違反内容の7割は、労働基準法違反

 割増賃金の未払い…108件

 賃金台帳の未作成…90件

 労働条件を明示しない…82件

 

●残り3割は労働安全衛生法違反

 作業前に現場の放射線量を測定しない…20件

 放射線に関する特別教育を実施しない…16件

 作業後の汚染検査をしない…14件

 

 

郡山市も順次一般住宅の除染が始まっています。

求人広告を見てみますと、除染作業員を毎回募集していますね。

その内容を比較すると、給与欄が日給額一本で記載されているのが多いように感じました。

 

採用時に労働条件通知書等を作成、提示しない業者は、果たして・・・と思います。

かつ以前から問題となっていた除染手当がどう記載されているか?

 

福島県の現状を考えると、まだまだ除染作業が続きます。

地元ということで、様々な話が耳に入ってきますが、これからも問題は、露呈していくだろうというのが本音です。

 

放射線という特殊性と、屋根に登ったりという危険な作業もありますので、安全第一に。

そして、給与の内訳(日給額と除染手当の区別)と、控除項目(勝手に控除は出来ませんので)この辺がポイントですね。