小善は大悪に似たり

〈vol.14〉

 

小善は大悪に似たり 大善は非情に似たり

 

 

もともとは、仏教からきている言葉です。

誰でも“良い人”だと思われたい願望あると思います。

 

 

オモチャがほしいほしいと駄々をこねる子供に

言われるがまま、オモチャ与えてしまう。

 

似たようなことを職場でしていませんか?

 

これは、小善に見えますが、実は大悪。

 

逆に、心を鬼にして大泣きされても、嫌われたとしても

「今は我慢しなさい」と思い通りにはならないことを

身を挺して教える。

 

このような上司はいますか?

 

これは、非情に見えますが、実は大善。

 

 

良かれと思ったこと(自分の善意)が

真に相手のためになっているのか?

そこを自問してみましょう。

 

本当は、自分が嫌われたくないだけかもしれません。