中小企業の65%が賃上げ実施

経済産業省は8月15日、全国の中小企業3万社(うち回答は1万380社)への2014年度の賃上げに関する調査で、ベースアップ(ベア)や賞与、一時金の増額など何らかの賃上げをした企業が昨年度を8ポイント上回る65%に上ったと発表しました。

 ベアを実施したと回答した企業は全体の23.4%で、賞与や一時金を増額した企業は同31.0%でした。

 賃上げの理由の1位は「従業員の定着・確保」の76%で、次の「業績回復の還元」(29%)を大幅に上回りました。

 

人材不足感は、ここ福島県においても感じています。

従業員の流出を防ぐための賃上げも一つの方法ではありますが、従業員が辞める原因は賃金だけではないと感じます。

 

建前の退職理由でなく、本音の退職理由を知ってこそ、定着率を改善するカギになります。

定着率を上げるならば、本質的な問題に目を向けてみませんか?